交通安全委員会: 2016年度


2016年度の活動は終了しました。

3/4の常任委員会・定例会を持って、今年度の活動は終了しました。

 

定例会では、来年度の役員さんへの引継ぎを行いました。

役員・委員の皆さん、お疲れ様でした。

 

追伸

定例会の後、お疲れさま会も実施しました。


交通安全意識調査を行いました。

過去にもアンケートを行っていましたが、ここ2年は未実施だったので、

12/8のLHRにて在校生(1~3年生)に交通安全意識アンケートを行いました。

 

今回はアンケートだけでなく、交通安全クイズも実施しました。

その結果について報告いたします。

 

90%近い高い回答率を得ることが出来、精度の高い調査結果を得られたと思います。

生徒さんたちに感謝申し上げます。

 

調査結果で最も注目されたのが、

Q3『通学途中で歩行者・自転車や自動車・バイクとぶつかりそうになったことがある。

又はぶつかったことがある。』

と言う質問で、約50%もの生徒さんがぶつかった・ぶつかりそうになったことがある

と回答があったことが衝撃的でした。

 

中には、ひき逃げされた と回答する生徒もいました。

 

また、興味深いことに事故の起きやすい場所は、『歩道』という結果でした。

歩道をスマホを見ながら通学・通勤する光景は残念ながらよく見かける光景となっています。

それは、Q5 『通学途中でついついしていまうこと』の結果に示されるようにLISA高の生徒も

歩きスマホをしています。

 

交通安全クイズも約90%もの高い正答率で交通ルールを守るという意識は生徒たちにも

浸透しているようです。

 

交通ルールを守ると言うことは、各自それぞれの安全を守るために、学生を問わず社会の一員として

大変重要なことに間違いはありません。

しかし、『交通ルールを守っているから安全』というわけでもないようです。

 

交通安全クイズにおいて、

自転車の左側走行や歩道で歩行者を自転車に乗って追い抜くときなどのマナー・ルールの浸透

相模原市は自転車の交通事故が増加している地区である ○or×

という2問の正答率が他の問題に比べると低いという結果も出ました。

 

こういったことが複雑に重なりあって、歩道で事故が多い

という結果に結びついているのではないかと推測しています。

 

視界を1/20に抑えてしまうというスマホをポケットにしまって、左右を見回して、安全を確かめる

こうしたことが学生のみならず我々親も必要ではないでしょうか?

 

子供が外出先・学校から無事に帰宅した時のホッとした気持ち。

家族におかえりと言って迎え入れてくれること。

 

何気ない普段の日常の光景ではありますが、歩きスマホと言った何気ないことで事故に会ってしまう。

そんなことのないように安全には十分気をつけてもらいたいと考えさせられる調査結果となりました。

 

調査結果の詳細をまとめたファイルを以下に添付します。

もし、ご興味を持たれた方は、ダウンロードしていただけますようお願いいたします。

 

ダウンロード
交通安全意識調査まとめ
交通安全意識調査まとめ.pdf
PDFファイル 258.4 KB

10/27 スケアード・ストレート

今年も交通安全への意識付けとして、スケアード・ストレートを実施しました。

スタントマンたちが文字通り身体を張って、交通事故の危険性を体言してもらいました。

 

相模原市は交通事故発生数 県内3位、人口10万人あたりの事故発生率も県内3位と交通事故が多い

地域です。

スケアード・ストレートを見たことで交通安全への意識を高めてもらえればと思います。


10/12 秋の交通安全デー

相模原市役所、相模原南警察署と合同で秋の交通運動に合わせて、生徒と一緒にLISA高入り口交差点でチラシを配りながら自転車の安全啓蒙活動を実施しました。


9/25 文化祭に参加しました。

 9/25 文化祭に私たちも予告通り参加いたしました。(@201教室)

 

 橋本自動車学校様のご協力で自転車シミュレータや交通安全クイズ(シミュレーター参加者・クイズ

参加者には参加賞付き)を実施しました。

 自転車シミュレータは約70人、交通安全クイズは約120人の方々にご参加いただきました。

 

 また、学校周辺におけるヒヤリとした場所を記した交通安全マップの作成や缶バッジ作成も行い、小さなお子様から在校生・卒業生のみならずご父兄まで幅広い世代の方々に楽しんで頂きました(^_^)

 

 ご参加頂いた方々に御礼申し上げます。 

 

 委員の方々も9/22の準備や当日の運営にご協力頂き、ありがとうございました。

 


9/25 神業祭(文化祭)に参加します。

 今年も9/24~25で神業祭(文化祭)が開催されますが、私たち交通安全委員会も9/25だけですが、

参加させていただきます。

 

 今年も橋本自動車学校様のご協力で自転車シミュレーターで交通安全啓蒙活動を行います。

 また、缶バッジもやります。

 

 自分オリジナルの缶バッジを作ろう!


7/2 相模原地区交通安全対策会議

 相模原地区の学校が集まり、交通安全に対する意見・情報交換を行う会議に参加してきました。

 

 自転車置き場に屋根が付いていたり、雨合羽を干せるフックを設けるなど雨の日も自転車通学する

生徒向けに設備を設けている学校もあるそうです。

 また、自分でパンクを直すためにパンク修理セットを常備している学校もあるなど、各校で工夫されているようです。

→ 我々としても、必要性を鑑みて学校側に提言してゆきたいと思っています。

 

 そして、どの学校も共通して苦慮しているのは、

『如何にして自転車通学する生徒に交通マナーを守らせるか』

 だそうです。

 

 Lisa高の生徒の約40%が通学に自転車を利用しています。

 他校に比べるとその比率は少ないですが、事故に合わないわけではありません。

 事故が起きてからではなく、如何にして事故に合わないようにするか

 各家庭で話し合ってみましょう。


5/12・6/2 LISA高生への自転車点検

 5/12と6/2にLISA高生への自転車点検を行いました。

 5/12は、自転車通学に慣れきった2・3年生に

 6/2には、ようやく自転車通学に慣れてきたであろう1年生に

 

 自転車のブレーキは効きますか?

 ライトはきちんと点灯しますか?

 きちんと鍵がついていますか?

 

 あと、通学に使う自転車には、認可ステッカーが必要です。

 付けていない人は西棟2Fの職員室に行って、ステッカーをもらってください。

 

 自転車はうまく使えば便利なツールですが、危険を伴う乗り物でもあります。

 自分や子供の自転車がきちんとしたものなのか?

 たまには親である私たちも点検してみましょう。


5/11 交通安全デー

 春の交通安全運動期間に合わせて、神奈川総合産業高校入口交差点やLISA高校門前で

相模原南警察署や相模原市役所の方々と共に自転車安全の啓蒙活動を行いました。

 

 イヤフォンでお気に入りの音楽を聴きながら、自転車通学...

 友達とおしゃべりしながら楽しく並んで自転車通学...

 

 気持ちはわかりますが、交通違反です。

 イヤフォンを付けながらの自転車運転は、罰金5万円!

 非常に危険です。

 周りの状況を耳で感じ取れず、自分が危ないだけでなく、歩行者への危害を加えてしまう恐れも

ありますので、やめましょう!!